3G iPhone 注目のバックグラウンドいろいろ

Written on 13:04 by yoshikawa ic

Windows mobileではありえなかった3G iPhoneにおけるアップルの意気込みを感じるサービスが「mobile me」と「プッシュノーティフィケーションサービス」です。

「mobile me」
メールやアドレス、カレンダー、画像データなどを「mobile me」サーバーで管理、アップロード、シンクロ、共有できるサービス。(他に20GBのファイルストレージ、メールアカウント、HP作成など)
「プッシュノーティフィケーションサービス」
メッセンジャーなどオフ状態のときでも通知が必要なアプリのためのプッシュサービス。これによって必要なときだけ通信すればよく、バックグラウンドでアプリを起動させておく必要もなく、バッテリーの節約になりパフォーマンスもよくなる。

ようするにリアルタイムにデータの受け取りが必要なアプリはプッシュ式でアップルが全面対応する、純正アプリには「mobile me」、サードパーティ用には「プッシュノーティフィケーションサービス」というかんじでしょうか。「mobile me」は携帯に専用サーバーが付くという見方も出来ます。
これは何気にすごいことで、このサポートによってさまざまな便利なアプリが出てくる可能性があります。あとはこのサービスのレスポンスがどのくらいのものか、ということですが・・。

そしてiPhone App Storeから出るアプリケーション。
「mobile me」のネックは有料ということで、年間1万円前後かかります。
ところがそこにSDKで登場したサードパーティのアプリ・・
Funambol、オープンソースのiPhoneアプリでMobileMeに対抗へ
「iPhone App StoreからダウンロードできるFunambolのアプリケーションは、このMobileMeの機能の大部分を無料で提供する。」

SDKは審査が厳しいと聞いたのですが、こんなアプリもOKだというのは驚きました。アップルの規制さえ緩ければ非常に便利なアプリがいろいろ出て来ることが期待できます。この先IP電話サービスやfirefoxのiPhone版などが出せるのかどうか注目です。
iPhone最大の基本的問題、「コピー&ペーストが出来ない」こともひょっとすると解決する人が出てくるのかもしれません。

最後にjailBreak(脱獄)。
jailBreakはセキュリティのためユーザーが自由にカスタムできないようにOSに掛けられたロックの解除とsimのロック解除を可能にする、いわゆるハッキングです。これによりいろんな拘束からiPhoneが自由になるのでjailBreak(脱獄)と呼ばれています。おかげでiPhone登場以来たった1年でインストールが可能な無料アプリが大量に出現しました。現在使っているiPodTouchの便利なアプリケーション群はほとんどjailBreak後に入れたアプリです。
ちなみにハッキングですので本来結構なプログラムの知識が必要になる訳ですが、現在(旧iPhone)のjailBreakはOSの解除もsimの解除もワンクリックで完了するまで進化しています。勝手アプリのインストールもまるで純正のサービスのように便利です。これほど簡単にハッキングできる携帯もiPhoneの他にはないかもしれません(笑)jailBreakはiPhoneに惚れ込んだ世界中のハッカーの賜物で、皮肉にもiPhone最大の傑作アプリでもありました。
そして新iPhoneですが、
いきなりのカウンターパンチ、
iPhone 3Gはロック解除対策を強化
ということですのでこの先jailBreakはどうなることやら・・

ワンクリックjailBreak「ZiPhone」の作者は「プッシュノーティフィケーションサービス」に対して、オーウェルの管理社会に一歩近づくことになると懸念を表しています

If you enjoyed this post Subscribe to our feed

No Comment

コメントを投稿